夏木マリ!年齢は?絹の靴下!ミュージシャン!夫は?

Sponsored Link

女優で歌手の夏木マリ(なつき まり)さん。近年はバンド活動に力を入れられ、60代を過ぎてもエネルギッシュそのもの。その姿が「かっこいい」と女性から多くの支持を集めています。




プロフィール!年齢は?


夏木さんは、1952年5月2日生まれ、
東京都豊島区のご出身です。

身長は163センチ、
血液型はO型、

だそうです♪


アイドル歌手としてデビュー


夏木さんは19歳の時、
本名の「中島淳子」名義で歌手デビューされています。

アメリカのロック歌手、ジャニス・ジョプリンのように、
歌いたかったそうですが、

事務所の方針で、
清純派アイドルとして売りだされました(^^)

しかし、注目されることはなく、
キャバレー回りをする日々だったそうです。


「絹の靴下」で大ブレイク


そんな夏木さんに転機が訪れます。

1973年、夏木さんが、21歳の時、
清純派アイドルから、セクシー歌手に転身、

現在の「夏木マリ」名義に改名して、
「絹の靴下」で再デビューを果たされると、
瞬く間に大ブレイク!



妖艶な振り付けや、胸元の開いた衣装、
フィンガーアクションなども話題を呼び、
夏木さんは歌番組に引っ張りだこになられます。


暗黒時代


しかし、仕事に忙殺される毎日に、
無理がたたったのでしょう。

夏希さんは、
とうとう倒れてしまいます。

その当時のことを夏木さんは、

当時は全テレビ局に歌番組があった。
それを分刻みで、寝ない食べないで全部回っていたんです。
でも、ある日突然バタンと倒れて。

と振り返っておられました。

検査の結果、「低色素性貧血」と判明。
3ヶ月の入院を余儀なくされてしまいます。

そこから「ウナギ下がり」なんですよ、
私の歌の人生は。

と夏木さん。

その後、復帰されましたが、
夏木さんはすでに忘れ去られ、
過去の人に・・・

すっかり仕事が激減し、
キャバレー回りの生活に、
逆戻りしてしまったというのです。

それは苦悩の日々だったようで、

あまり好きじゃない曲を歌う日々が8年間も続いた。
歌うことが苦痛でした。

と明かされていました。

演劇人として


そんなとき、夏木さんに、
再び転機が訪れます。

歌の仕事で訪れた、
ヌードダンサーが踊るレビューショー小屋で、
演劇を仕事としている観客と出会われ、
舞台出演に誘われたのです。

そして、夏木さんは、それがきっかけで、
舞台の仕事を始めることになったのでした。


「印象派」の誕生


しかし、下積みのないまま始めた仕事だったので、
演劇が好きなのか、嫌いなのか、
分からなくなってしまい、

いつ頃からか、
葛藤を感じるようになってきたのだそうです。

そこで、夏木さんは、1990年、
自分を見つめ直すために、
単身ニューヨークへ渡られます。

そして、自分も何かを発信してみたいと思われ、
1993年、企画、構成、演出、出演を、
すべて自分一人で手がけられた、
舞台表現「印象派」を始めることに。



この舞台は、海外向けに上演されたのですが、
記念すべき、ロンドンの初舞台では、
7組のお客さんに帰られてしまうという、
結果になってしまったそうです。

評論家は自費で観にくるため、
舞台がつまらなければ、
評価は自ずと手厳しくなるのだとか。

しかし、だからこそ、
やりがいを感じたのだそうです。

夏木さんは、

そこから本気になりました。
演出のために、また音楽も聴くようになって。

再び音楽をやりたいと思えたのは、
印象派のおかげでもある。

と語っておられました。

さらに、

印象派は絶望からの出発なんです。

好きなものと出来るものは違うのに、
そこを自分で一生懸命、
つなげようとしたものだったから。

と、明かされていました。

「印象派」の舞台は、2009年までに、
80以上のステージを重ねられ、
ドイツ、フランス、イギリス、ポーランドで、
高い評価を得ているとのことで、

絶望からスタートした「印象派」でしたが、
多くのものを生み出してくれたようです。

ミュージシャン


夏木さんは、
舞台「印象派」を精力的にこなす一方で、

2006年、パーカッション奏者の斉藤ノヴさんたちと共に、
ブルースバンド「GIBIER du MARI(ジビエ・ド・マリ)」を結成。
ヴォーカルを担当されています。

そして、2012年には、
世の中の女性たちを元気づけたいとの思いから、

女性たちと「ALLIANCE(同盟)」
を結ぶようなイメージで制作された、
ニューシングル「ALLIANCE」を発表。



そのカップリング曲、
「キャデラック」も話題となりました。

というのも、「キャデラック」の、
サウンドを固めるミュージシャンが、

ドラムに、村上”PONTA”秀一さん
ベースに、後藤次利さん
パーカッションに、斉藤ノヴさん
ギターに、高中正義さん
ボーカル&ギターに、仲井戸麗市さん
キーボードに、ミッキー吉野さん

と、そうそうたるメンバーなのです。



大人のロックンロールチューンということで、
まさに、夏木さんが当初、
やりたかった音楽そのものですね。

楽曲制作をされた中井戸さんは、
インタビューで、

(斉藤)ノブさんの明確なイメージがあって、
マリさんが追及していたジャニス・ジョップリンを、
イメージしてつくりました。

「あいまいなものは捨てたい」という歌詞は、
マリさんが持つ潔さを表しています。

と、この曲を作られた背景を、
語っておられました。

やはり、夏木さんは、心の中でずっと、
ジャニス・ジョップリンのように歌いたい、
という思いを持ち続けておられたのですね。

初のライブツアー


そして、夏木さんは、2015年、
ご自身初のライブハウスツアー、
「夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2015」
全18公演を開催されています。



夏木さんの念願叶っての、ライブハウスのツアーで
キャリア44年目にして初のチャレンジとなっています。

新人のつもりで、
フレッシュな気持ちで本気で楽しみたい。

と、夏木さんは、
その意気込みを語っておられました♪

夫は?


プライベートでは、2011年、
バンドのパートナーである、
パーカッション奏者の斎藤ノヴさんと、
事実婚を経て入籍されたことを発表されています。



夏木さんは、夫である斉藤さんについて、

彼は本当に優しい。
音楽面では、いつも緊張感をくれるし、
リスペクトしています。

ずっと1人で生きてきた私が、素直に「ありがとう」って感じ。
結婚は人を大人にさせるね。

と、明かされていました。

さて、公私共にご主人に支えられ、
とても幸せそうな夏木さんは、
「年齢は記号」とおっしゃっており、

その言葉を証明するかのように、
60代を過ぎてからも、
アグレッシブに、しかも楽しく、
ご自分のやりたいことを追求されています。

そのパワーで、
日本中を元気にしてほしいですね♪
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ