みのもんたの現在は?セクハラ?次男逮捕?水道メーター社長?

Sponsored Link

「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録に認定された、みのもんたさんですが、セクハラ疑惑で世間を騒がし、さらには次男が逮捕されたことで、レギュラー番組をほとんど降板することになってしまいます。


「みのもんたの若い頃は?本名は?年齢は?セイヤング?」からの続き

セクハラ疑惑

お昼の情報番組「午後は○○おもいッきりテレビ」で、
一躍、人気司会者となったみのさんは、

その後は、司会者としてだけでなく、タレントとしても活躍するなど、
順調満帆な芸能生活を送られていたのですが・・・

2013年8月、「みのもんたの朝ズバッ!」の生放送中、
CMが終わってスタジオが映し出された直後、

みのさんが、隣に立っていた吉田明世アナの、
お尻を触っているような映像が一瞬流れると、
視聴者から、「公開セクハラか」などと批判が殺到。

これを受けて、TBSは、

セクハラ行為があったとは認識していないが、
紛らわしい行為だったため、
今後このようなことがないよう番組担当者に口頭で注意した。

と、公式に発表。

みのさん自身も、週刊誌の取材に対し、

セクハラなんてとんでもない。
そんな認識はないし、相手も戸惑っていると思う。

と、自身のセクハラ疑惑を否定されたのですが、

みのさんは、すでに、8月9日から16日まで、
夏休みを取っていたにもかかわらず、

再び、9月9日から9月16日まで1週間の夏休みに入られ、
「セクハラ疑惑」が影響しているのでは、と噂されたのでした。

次男が逮捕~コメントでさらなる批判

そして、その2度目の夏休み中の9月13日には、
なんと、みのさんの次男、御法川雄斗さんが、

泥酔して道で横たわっていた40代男性のバッグを盗み、
キャッシュカードで現金を引き出そうとし、窃盗未遂の疑いで逮捕。

(最終的には、被害者とは示談が成立して不起訴)

これを受け、みのさんは、
急遽、自宅前で記者会見を行うのですが、

私の責任の問題で、皆さんにお集まりいただくのならば、
何でもお答えできるんですが、家族とはいえ、
もう30を過ぎた男、別の人格です。

あれこれとやかく言う筋合いのものではないと、
皆さんも分かると思います。

30ヅラ下げて子供がいる男に親が責任を・・・
って、日本だけじゃないですか?

と、コメントをされたことから、
さらなる世間の批判が殺到したのでした。

次男は万引きの常習だった?

ただ、みのさんの息子で、逮捕前は日本テレビに勤務し、
年収1000万円とも言われていた雄斗さんが、
なぜ窃盗などしようとしたのでしょうか。

当時、雄斗さんは、都内一等地に3階建て新居を建設中で、
奥さんが2人目のお子さんを妊娠中だったこともあり、
ローン返済や家族の生活のためにお金がかかるのは確かでしょうが・・・

 (もともとは、みのさんが代表取締役を務める水道メーター製造販売会社
  「ニッコク」の所有地で、2009年に雄斗さんとの間で売買が成立。
  場所柄やその建造物も含めて2億円とも言われています)

しかし、ここへきて、

雄斗さんが慶應義塾大学附属の高校生の頃、
大学の生協内で、組織的な万引きを繰り返し、
退学処分となっていたこと、

 (みのさんが慶應義塾大学附属高校の全クラスに、
  エアコン70台をつけるという寄付でなんとか停学処分で済んだとか)

みのさんに銀座の高級クラブで、
豪遊させてもらっていたこと、

日本テレビへの入社も、みのさんのコネで、
入社後も特別待遇だったこと、

 (日本テレビはコネ入社を否定)

などなど、雄斗さんの驚くべき事実が発覚。

雄斗さんが日本テレビを解雇されたのはもちろん、
みのさんも、TBS系「朝ズバッ!」「サタデーずばッと」
を降板されると、その後、TBSの全ての報道番組を降板。

ご自身がこだわり続けた報道番組から、
姿を消すことを余儀なくされたのでした。

水道メーター販売会社の社長として

ところで、みのさんは、1999年、
お父さんが創業した水道メーター販売会社「日国工業」を、

自身の芸能事務所「オフィスモンタ」が吸収し、
「株式会社ニッコク」と名前を改めると、
自身も代表取締役社長に就任。

以来、芸能活動と並行して、
会社を切り盛りされていたのですが、

雄斗さんの不祥事により、すっかり、
テレビでの露出が減ってしまったことが、
会社にも大打撃を与えたそうで、

2013年には、

うちは規模の小さい会社で、赤字を僕の芸能の収入で補填してきました。
でも、それもほとんどゼロになる。非常に厳しいです。

初めてお話ししますが、
この1カ月半の一番大きな話は、工場と会社の整理でした。
僕の給料は全部カットしますが、それでもどこまで生き残れるか。

全国に4カ所、水戸と諏訪と名古屋と和歌山に工場があったんですが、
3カ所を閉鎖して和歌山に集約するつもりです。
従業員の数も減らさなければならない。それがつらい。

と、明かされ、

談合事件の話もオモチャにされてますけど、
水道メーター業界は上場会社が2社しかなくて、
その2社が全部牛耳って談合をやっていたんです。

我々零細企業は言いなりの値段を出さざるを得なかった。
上場していた1社が倒産してからは値段のたたき合いになり、
東京都水道局に入っていた四十数社のうち、残ったのは5社です。

なんとか会社を残したいと思っていますが、
(2013年)年末どうなるか。覚悟はしています。

と、切羽詰まった状態であることを、
訴えられていたのですが・・・

翌年の2014年9月には、雄斗さんを、
「ニッコク」に入社させていたことが判明。

(事件発覚当初、みのさんは、雄斗さんの、
 「ニッコク」への再就職について明確に否定されていました)

当初は、雄斗さんを和歌山県内の関西支店へ、
配属(単身赴任)させていたようですが、

2015年末には東京に呼び戻されており、
会社経営も、案外うまくやっておられるのかもしれませんね。

ちなみに、みのさんの楽しみのひとつは、
お孫さんと会うことだそうで、

雄斗さんが単身赴任のままでは、
お孫さんに会うのも遠慮してしまうことから、
早々に雄斗さんを呼び戻したのでは、と噂されています。

現在は?

さて、いかがでしたでしょうか?

2018年現在、テレビのレギュラー番組は、
「秘密のケンミンSHOW」のみとなっており、
いまだ完全にはテレビ復帰されていないみのさんですが、

既に70歳を回っていながら、
お体はまだまだ健康そう。

今後、完全復活することができるのか、
それとも・・・

まあ、そんな現在でも年収は4~5億円!
ともいわれているので、どっちゃでもいいかも♪

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ