伊吹吾郎!オネエ?ハーフ?嫁は?息子は?宇梶剛士?水戸黄門!

Sponsored Link

「水戸黄門」の3代目格さんでお馴染みの、伊吹吾郎(いぶき ごろう)さん。1968年にテレビドラマ「さむらい」でデビューし、翌1969年には、「ゴルゴ13」で有名な、さいとうたか氏原作のテレビ時代劇「無用ノ介」のオーディションに合格し、主役に抜擢。その後も、数々の東映映画に出演されています。




宇梶剛士?


伊吹さんと宇梶剛士さんがそっくりだと、
うわさされています。



確かに、よく似ています(^^)

伊吹さんの方がやや濃いでしょうか。

宇梶さんが、最近ポッチャリしてきたので、
余計に似てきましたね(^^)


ハーフ?


伊吹さんを、「ハーフ」というキーワードで、
検索されている方が多いようです。

確かに、日本人離れした、彫りの深い顔立ちですが、
伊吹さんは、北海道爾志郡熊石村のご出身。

ちなみに、北海道釧路工業高校を卒業され、
国士舘大学工学部中退されています。

以前、土曜ワイド劇場「江戸川乱歩の美女シリーズ」
に、ハーフ役で出演されていたようなので、
それが原因なのかもしれませんね。


オネエ?


伊吹さんがオネエ?



この噂は随分以前からあるそうです。
というのも、

・爪にマニキュアを塗っている。
・ドラマの収録中、共演者の三田村邦彦の尻や腿をさわった。
・さらに「もう我慢できない」と言って抱きつき、キスをせまった。
・若い頃に男性だけのバーに行ったことがある。
・オネエ言葉を使ったことがある。

某番組でスタッフが
「男性も好きなんですか?」の問いに、
しばらくの間、沈黙・・・そして、
「即答できないってことは好きなのかな」と言った

といったエピソードがあるようです(^^)

ただ、マニキュアを塗っているのは右手の爪だけで、
趣味のフラメンコギターを弾くためだそうです。

それから、三田村さんに関しては、
三田村さんの反応が面白いからやったと、

あくまで、冗談だとおっしゃっていますので、
オネエではないと思われます(^^)

でも三田村君は、今でも僕がオカマだと
思っているかもしれないね

とおっしゃっていましたので、
三田村さんには、相当ちょっかいを出されたご様子。

ん・・・
やはり、オネエの可能性は捨て切れません(^_^;)

嫁は?


オネエの噂がある伊吹さんですが、
結婚はされています(^^)

伊吹さんは、以前、
「踊る!さんま御殿!!」に出演されているんですが、

日本テレビの公式サイトに、
コメント集が掲載されていました。

奥さん以外の女性と、
ちょっと「仲良く?」していた伊吹さん。

それが奥さんにバレてしまい、
大事にしていたフラメンコギター「ホセラミレス」という名機を、
見事に破壊されてしまったんだそうです。

破壊されたギターですが、
名機ゆえ捨てることもできず、

残ったギターの「ネック部分」のみが、
現在も飾られてるそうです・・・

家庭では奥様にお仕えする「格さん」なのでした・・・

とあったので、奥さんは、
やきもち焼きのようですね(^^)

息子は?


伊吹さんには、
息子さんもいらっしゃいます。



俳優の伊吹康太郎(いぶき こうたろう)さんで、
1998年、「水戸黄門」で、
父子共演を果たされています。

これが、康太郎さんの、
ドラマデビューだそうです。

そのほか、「南町奉行事件帖 怒れ!求馬II」「水曜ミステリー9」
「はるちゃん5」「聞かせてよ愛の言葉を」「土曜ワイド劇場」

などに出演されているようです。


水戸黄門!


伊吹さんで思い浮かぶのは、
「水戸黄門」の格さんですね。

1983年の第14部から、
2000年の第28部まで、

17年もの間、格さんこと渥美格之進役で、
出演されています。

その「水戸黄門」といえば、
終盤に、助さんと格さんが悪党を蹴散らした後、

紋所を見せ、みなひれ伏す、
というのがお馴染みの展開ですね。



ただ、この助さんと格さんが悪党を蹴散らすシーン。

第14部から第17部までの間、
共演されている、助さん役の里見浩太朗さんとは、
入念な打ち合わせをされていたとのこと。

里見さんは抜群ですよ。

東映で時代劇をずっとやってきた人だから、
所作、身のこなし、そういうのが備わっている。

あの人はざっくばらんな方だから、
すぐに『浩ちゃん』『吾郎ちゃん』と呼び合う仲になってね。

セットでもよく打ち合わせしましたよ。
立ち位置とか座り位置とか。

『こっちの方が立つか。いや、待てよ。
やっぱり、そっちの方がいいんじゃないか』
と話し合うんですよ。

というのも、お互いに次の動きがあるから、
ぶつからないようにしないといけない。

特にチャンバラは、いつも二人でやっていたので、
立ち位置は、いつも入念に打ち合わせをしていました。

気をつけたのは、
互いのキャラクターの対比をつけることです。

いちおう助さんは剣の達人、格さんは柔術の達人、
ということになっているんだけど、
互いに刀をもってチャンバラをする時もあるんです。

そういう時は、
助さんと格差をつけるようにしました。

格さんは刀で戦っていると、ヨロヨロとなってしまうとか。
それで、刀を捨てて、どつく戦い方に戻る。

それで、『やっぱり格さんはこの戦い方がいいな』
と視聴者に思ってもらう。

自分の得意分野ならスーパーマンになっていいんだけど、
なんでもできるスーパーマンになってはいけない。

対比をつけずに同じようにやっては、
面白くはならないんですよ。

と伊吹さんは語っておられました。

今まで何気に見ていたのですが、
実は、助さんと格さんの、
抜群のコンビネーションがあってこそ、
成り立つシーンだったんですね。



しかし、助さんが剣の達人で、格さんは柔術の達人とは、
初めて知りました(^^)

さて、いかがでしたでしょうか?

見た目は、恐い印象の伊吹さんですが、
なかなかお茶目な、おじさまですね。

そのセンスを活かしてか、
この年代の俳優さんには珍しく、
バラエティにも早くから出演されています。

もうすぐ70歳になる伊吹さんですが、
これからも、まだまだ、
私達を楽しませてくれそうですね。

ご活躍を期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ