倉本聰の妻は女優の平木久子!娘はイラストレーター!


「前略おふくろ様」「北の国から」「風のガーデン」「やすらぎの郷」など、次々と大ヒットドラマを生み出し、テレビドラマ界に金字塔を打ち立てた、倉本聰(くらもと そう)さん。今回は、そんな倉本さんのご家族や病気の噂についてご紹介します。

「倉本聰の姪っ子の娘(姉の孫)は警察に相談した当日に殺害されていた!」からの続き

Sponsored Link

妻は女優の平木久子

倉本さんは、1961年、演劇集団「円」所属の女優・平木久子(ひらき ひさこ)さんと結婚されています。

お二人は、ほぼ同時期に、劇団「仲間」に入られたことがきっかけで知り合われ、交際に発展したそうで、

(平木さんは、「俳優座」の養成所を卒業後、劇団「仲間」に入られたそうです)

倉本さんは、日経新聞の「私の履歴書」で、

疾風怒濤(しっぷうどとう)の時代だ。60年安保の反対派が連日、会社のある日比谷の交差点を行進した。デモ隊が国会突入した6月15日、ニッポン放送の中継車がデモ隊にひっくり返された。逆さまになった車から同僚が決死の放送を続けていた。

「新劇のデモ隊に右翼が突っ込み、女優が死んだらしい」との情報が流れて、どきっとした。「劇団仲間」の活動も続けていて、劇団の女優、平木久子と付き合っていた。デモに行くと聞いていた。亡くなったのは東大生の樺美智子さんだった。このニュースも衝撃だった。

と、明かされています。


結婚式での倉本さんと平木さん。


現在の平木さん。結婚後もずっと舞台女優を続けておられます。

娘はイラストレーターの倉本由美

そんなお二人の間には、娘さんが一人おられるのですが、倉本由美さんといい、イラストレーターをされており、富良野のワイナリー「ふらのワイン」のラベルの挿絵を手がけられています。


由美さんがデザインした挿絵のラベルのワイン。


由美さんがデザインした挿絵の原画。

ちなみに、由美さんは、もともとは、倉本さんの知り合いの娘さんで、養女だと言われています。

Sponsored Link

頚椎の病気で手術

ところで、倉本さんを「病気」で多くの人が検索されているようですが、実は、倉本さんは、2018年5月31日、東京都内で開催された「第55回ギャラクシー賞授賞式」に参加された際、車椅子に乗って登壇されており、

風吹ジュンさん、倉本さん、清野菜名さん。

司会のフリーアナウンサー・久米宏さんが、「やすらぎの刻~道」の1年分ものシナリオの半分をすでに書き終えていることを確かめた際、

いつ倒れるからわからないから。実は、体を壊してしまって、来週、手術をしなければいけなくなった。そういうことがいつ起こるかわからないから

と、病気であることを明かされているのです。

ただ、授賞式後、週刊誌の記者が、倉本さんの所属事務所とテレビ朝日の双方の関係者に、倉本さんの病状について確認したところ、倉本さんが翌週行う手術は、頚椎の(軽い)手術で、転倒などの予防のため、車椅子を使われたということで、

病名は明かされていないものの、

命にかかわるものではないので、心配ありません

とのこと。

その後、特に情報はなく、倉本さんは、2021年にはHBC北海道放送創立70周年記念「倉本聰×是枝裕和 特別対談 “あのとき”から~北の大地とドラマと…」などでも元気な姿を見せられているので、手術は無事成功したようです。

文字に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ