芦川いづみの今現在は?夫は藤竜也!子どもは?映画乳母車でブレイク!

Sponsored Link

1950年代後半から1960年代、石原裕次郎さんの相手役を数多く務められた、元女優の芦川いづみ(あしかわ いづみ)さん。その清楚で可憐な美しさが人気を博し、日活の黄金期を支えられましたが、1968年に結婚され、芸能界を引退されています。




プロフィール!


芦川さんは、1935年10月6日生まれ、
東京市滝野川区田端町のご出身です。

学歴は、
法政大学潤光女子高校中退、

だそうです。


松竹から日活へ


芦川さんは、1952年、高校を中退され、
「松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校」に入学。

そして、翌年の1953年、
ファッションショーに出演されている際、

偶然居合わせた、
「松竹」の川島雄三監督にスカウトされ、

同年、「東京マダムと大阪夫人」で、
映画デビューを果たされています。


「東京マダムと大阪夫人」より。三橋達也さんと芦川さん。

また、2年後の1955年には、
その前年に、日活へ移籍された川島監督の推薦で、
松竹を退団し日活に移籍されています。


石原裕次郎の相手役でブレイク!


その後も芦川さんは、

1956年「洲崎パラダイス赤信号」
1957年「幕末太陽傳」


「洲崎パラダイス赤信号」より。

と、川島監督の映画に、
出演されているのですが、

その一方で、1956年には、
「乳母車」で、石原裕次郎さんと初共演。


「乳母車」より。芦川さんと石原さん。

芦川さんはこの映画で、
ヒロインの桑原ゆみ子役をさわやかに演じ、
石原さんとともに、一躍人気者となると、

その後も、

1957年「幕末太陽傳」
     「嵐を呼ぶ男」



「幕末太陽傳」より。

1958年「陽のあたる坂道」
     「紅の翼」



「陽のあたる坂道」より。

1960年「青年の樹」
     「喧嘩太郎」



「青年の樹」より。

で石原さんの相手役を演じられ、
その清楚な美しさで、
人気を不動のものとされたのでした。


夫は藤竜也!


そんな芦川さんの、
気になるプライベートですが、

芦川さんは、1968年、
俳優の藤竜也さんと結婚されています。



ただ、すでに日活の看板女優として、
活躍されていた芦川さんに対し、

この当時、藤さんはまだ無名の俳優で、
(藤さんは、1962年に日活に入られています。)

会社(日活)からは、
結婚に反対されていたのだそうです。

しかし、石原裕次郎さんが、
お二人の結婚を認めてくれるよう、
会社に口添えしてくれたそうで、
お二人は、めでたく結婚。

芦川さんは、同時に、
芸能界を引退されたのでした。

ちなみに、この8年後の1976年に、
藤さんは、映画「愛のコリーダ」で、
一躍有名になられるのですが、

藤さんは、2015年、
エッセイ「現在進行形の男」の中で、

芦川さんへの想いを、

「結婚前は当然、カノジョを好きで、
それはとてもスペシャルな感情でした」

「時間が経つに連れ、ものすごくプレシャス
―― かけがえのないものになって来る。
それがなんともいえない愛しさになるのです」

と、綴っておられるので、

芦川さんが、藤さんの苦しい時代の、
支えになったことは間違いありませんね。

そして、結婚から50年近くたった現在も、
お二人の仲は良いようです♪

子どもは


そんなお二人の間には、
2017年現在、40代後半~50歳くらいの、
息子さんがひとりいらっしゃるようですが、

芸能関係ではなく、
一般のお仕事をされているようで、
詳しいことは分かりませんでした。


現在は?


さて、結婚後は、長い間、
メディアに登場することがなかった、
芦川さんですが、

2007年、「日活OB会」で、
久々に、公の場に姿を表され、
注目を集められました。


(前列左から)沢本忠雄さん、芦川さん、宍戸錠さん、田代みどりさん、
 浅丘ルリ子さん、松原智恵子さん、山内賢さん、進千賀子さん、
(後列左から)斉藤武市さん、川地民夫さん、渡哲也さん、伊藤るり子さん、
 井上梅次さん、舛田利雄さん、鈴木清順さん。


それにしてもきれいですね~
(この時、既に72歳!)

この機会に、一度、
芦川さんの作品を観てみられてはいかが?



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ