大野智!嵐!デビュー前は?個展!

Sponsored Link

「嵐」のメンバーで、タレント、俳優としても活動されている、大野智(おおの さとし)さん。並外れた運動神経をお持ちの一方で、芸術的な分野でも活躍されるなど、多くの才能を発揮されています。




オーディションを受ける


大野さんは、お母さんが、
ジャニーズ事務所に履歴書を勝手に送られ、
オーディションを受けることになったそうです。

書類選考に受かったことを聞いて、
嫌がられたそうですが、

逆にお母さんから、

「あんたが受かるわけないじゃない」

とキレられたのだとか(^^;)

大野さんご自身も、

「受かるわけがない」

と思われ、

オーディション会場である、
テレビ朝日の「第1リハーサル室」に行かれたのでした。

その程度のモチベーションだっため、
大野さんが、「第1リハーサル室」の窓から、

付き添いで来られていたお母さんに、
手を振っていたところ、
ジャニー社長に怒られた、
というエピソードがありました(^^)

嵐のメンバーと出会う


さて、そこには、
松本潤さん、櫻井翔さん、相葉雅紀さん、二宮和也さんという、
後の「嵐」のメンバーとなる4人もおられ、
運命的な出会いをされたのでした。



そして、大野さんは、
このオーディションに見事合格され、

1994年に、ジャニーズ事務所に、
所属されることになったのでした。

(他の4人は1996年までに事務所に入られたそうです)


デビュー前は?


大野さんは、「嵐」としてデビューされる前は、
様々なお仕事をされていたようですが、

1995年には、期間限定ユニット
「Junichi&JJr(じゅんいちアンドジャニーズジュニア)」
に所属しておられ、

この頃から、すでに、
アクロバットやダンスは上手だったとのことで、
大野さんは早くも才能を開花されていたようです。




京都の舞台に初出演


そして、大野さんは、1997年、
「少年隊」が踊るジャズダンスを見て、
ジャズダンスをやりたいと思われ、

東京の実家を出て、
京都の「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO」
の舞台に初出演。

なんと、この舞台は、
1日5公演もあったということで、

朝10時から夜9時~10時に及ぶ、
ハードな公演をこなされていたのだとか。

「少年隊」東山紀之さんから、
直々に指名を受けて臨まれた舞台ということで、

大野さんの才能が、
ここでもはっきり分かりますね。



大野さんは、その間、京都に滞在されていたことから、
一時的に、「関西Jr.」として、
扱われていた時もあったそうです。

熱心なファンの方の話によると、
もともとダンスが上手だった大野さんですが、
京都滞在後は、さらに上手になられていたとか。

下積み時代に、
いろいろな経験をされたのですね。


辞意を表明


大野さんは、ダンスでその才能を、
発揮されていましたが、

1998年、京都での舞台、
「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO」の終了後、
事務所に辞めたい旨を伝えたのでした。

もともと、大野さんは絵を描くことが好きで、
イラストレーターを目指されていたのだそうです。

芸能活動よりも、
絵の仕事に就きたいと思われたのでしょうね。

しかし、その後も、
いくつかの舞台に出ることになってしまい、

1999年、大野さんは改めて、
ジャニー社長に、
辞めたいを旨を伝えたのだそうです。


「嵐」への道


すると、ジャニー社長から、

「ジャニーズJr.のレコーディングを手伝ってほしい」

と頼まれ、

歌った曲が嵐のデビュー曲
「A・RA・SHI」だったとか!

しかし、その時点では、大野さんに、
「嵐」としてデビューすることは知らされておらず、

その収録の1週間後に、
社長からハワイに行こうと誘われ、

仕事を手伝ったご褒美だと思われた大野さんは、
ハワイについて行かれたのでした。

すると、ハワイには、
他のメンバー4人がそれぞれ個別に集まり、

5人揃ったところで、初めて、
デビューすることを聞かされたというのです!



そして、1999年、
ハワイ、ホノルル沖のクルーズ客船において、
デビューの記者会見が行なわれます。

さすが、ジャニーズ事務所、
やることが豪快ですね~

しかし、大野さんは、
まんまとジャニー社長に担がれてしまったのでした。

後ろ向きだったデビュー当初


しかし、大野さんは、その当時を振り返られ、
「嵐」を、バレーボールワールドカップ用のユニット、
つまり、期間限定のユニットと勘違いしておられたそうで、

とにかく辞めたかった。

と、明かされていました。

櫻井翔さんも、後に、

オレもニノ(二宮さん)も大野も、
やりたくなかったのに(嵐に)なっちゃった。

2人(相葉さん、松本さん)はヤル気あったんだけど…

と、当時を振り返っておられました。

いろいろな思いを持ったメンバーが集まり、
「嵐」は結成されたということで、

私達ではうかがい知ることのできない、
ご苦労があったようですね。

個展


大野さんは、もともと絵を描くことが好きで、
イラストレーターを目指されていた時期もあったのですが、

芸能活動をしながら、
個展を開かれているようです。

2015年8月には、
大野さんの個展「FREESTYLEII」が、
「表参道ヒルズ・スペースオー」で開催されており、

大野さんの人気を裏付けるかのように、
チケットは販売開始数分で完売。

追加で抽選販売されたのですが、
それも販売開始とほぼ同時に完売という、
大盛況ぶりだったようです。



しかし、一方で、チケットが、
ネット上で高額で売買されるという問題も起き、

大野さんの個展公式ホームページで、
やめるように呼びかけられていたのだとか。

オークションサイトでは、
定価1000円のチケットが、

なんと、1万2千円から5万円という高値で、
販売されていたというのです!

そのうえ、美術展であるにも関わらず、
日時まで指定されているとのことで、
かなり、制限されていたようです。

しかし、それには理由がありました。

大野さんは、2008年に、
初の個展「FREESTYLE」を、
今回と同じ「表参道ヒルズ・スペースオー」で、
開催されているのですが、

その時は、時間指定がなかったため、
表参道歩道が、若い女性で溢れかえってしまい、

他の通行人が歩けないような状態に、
なってしまったのだそうです。



それを受けて、今回の個展では、
1時間ごとに、完全入れ替え制にされたということで、
大野さんの凄まじい人気ぶりを物語っています。

ただ、大野さんを知らず、
純粋にアートとして楽しみたい人にしてみると、
ちょっと残念な話ではありますね。

大野さんの作品は、

漫画家の、藤子不二雄Aさん、
前衛芸術家の、草間彌生さん、
現代美術家の、奈良美智さん、

などなど、その道のプロの方たちにも絶賛されており、
芸術家として対談も行われています。

ダンス、俳優、アートなど、表現することに、
目を見張る才能をお持ちの大野さん。

これからもその才能を発揮して、
私達を驚かせてほしいですね。

さらなるご活躍を期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ