石井ふく子さんに見出されて表舞台に登場して以降は、浅利慶太さんにスカウトされたり、NHK大河ドラマで主演に起用されたりと、引っ張りだことなった、石坂浩二(いしざか こうじ)さん。その勢いは止まらず、1976年には、金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」が大ヒットを記録します。

「石坂浩二は昔は浅利慶太スカウトで劇団四季?NHK大河ドラマ主演も!」からの続き

Sponsored Link

水前寺清子とのホームドラマ「ありがとう」も大ヒット

こうして、主演のNHK大河ドラマ「天と地と」が高視聴率を記録すると、時代劇の依頼が殺到するも、時代劇専門の俳優になりたくなかった石坂さんは、依頼をすべて断り、

翌年の1970年、石井ふく子さんプロデュースのホームドラマ「ありがとう」に、水前寺清子さん演じるヒロインの恋人役で出演すると、これまた大ヒット。


「ありがとう」より。石坂さんと水前寺清子さん。

石坂さんと水前寺さんは、恋人役として、「婦人警官編」「看護婦編」「鮮魚店編」と設定を変えて3部作に出演されているのですが、特に、石坂さんが医者、水前寺さんが看護婦役を演じられた「看護婦編」が人気を博し、視聴率56.3%を記録する大ヒットとなっています。


「ありがとう(看護婦編)」より。石坂さんと水前寺清子さん。

市川崑監督から金田一耕助役のオファー

そして、1975年には、市川崑監督とトヨタのCMでの撮影で知り合われると、

しばらくして、市川さんから、

今度、横溝正史の「犬神家の一族」をやる。金田一耕助をやらないか?

と、誘われます。

ただ、これまで映画化されてきた金田一耕助は、原作と異なり、背広を着てピストルを持っている人物として描かれていたため、今回もそうだろうと、石坂さんは一旦は断られるのですが、

市川さんが、

今回は原作通りにやりたい

と言われたことで、引き受けることに。

実は、原作に登場する金田一耕助は、ヨレヨレの着物に袴をはき、推理の時には、ボサボサ頭をかきむしってフケが舞い散るという、なんともヒーローとはかけ離れた人物で、それまでは、背広を着てピストルを持たせ、ヒーローっぽく描かれていたのでした。

金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」などが大ヒット

こうして、1976年、映画「犬神家の一族」が公開されると、たちまち大ヒット。(当時としては空前の、17億円という興行収入を記録)


「犬神家の一族」より。島田陽子さんと石坂さん。

そして、その後も、

1977年「悪魔の手毬唄」「獄門島」


「悪魔の手毬唄」より。(左から)石坂さん、若山富三郎さん、岡本信人さん、加藤武さん。


「獄門島」より。石坂さんと大原麗子さん。

1978年「女王蜂」


「女王蜂」より。(左から)高峰三枝子さん、司葉子さん、岸惠子さん、石坂さん。

1979年「病院坂の首縊りの家」


「病院坂の首縊りの家」より。佐久間良子さんと石坂さん。

が、ことごとくヒットし、金田一耕助役は石坂さんの当たり役となったのでした。

また、石坂さんは、時を経た2006年にも、市川監督の最後の作品となった「犬神家の一族」のリメイク版で、27年ぶりに金田一耕助を演じられているのですが、


「犬神家の一族」(2006)より。石坂さんと深田恭子さん。

後に石坂さんは、

全員を集めての謎解き場面は、カメラ位置を変えて、通しで7回やりました。同じ芝居をしないと編集できないのですが、「ここでせきをしろ」とおっしゃる。確かにせきをすると、その前後で同じ芝居をしやすいんです。

犯人が私にすべてを知られていることに気づく場面では、「分かりやすい芝居はするな。それでも犯人に『気づきましたね』と伝わるようにやれ」という。

セリフも、最初はたたみかけるように、犯人が気づくあたりでは間を取って、と緩急を付ける。これね、観客がくぎ付けになるんです。

と、市川監督の演出を絶賛されています。

ちなみに、当初、石坂さんが金田一耕助役をやることには(この作品が、角川映画の記念すべき第一弾だったこともあり)、角川春樹社長(当時)ほかスタッフの大半が大反対していたそうですが、市川監督がたった一人で石坂さんを推し、出演が決まったそうで、石坂さんと市川監督は、まさしく、ゴールデンコンビとなられたのでした。


石坂さんと市川崑監督。

ボサボサ頭やフケは本物?

ところで、金田一耕助といえば、「ボサボサ頭」「フケ」

実は、当初はカツラだったそうですが、後に地毛で演じられたそうで、

「ボサボサ頭」は、

  • 銀髪になるまで脱色してから、再び黒く染め、
  • パーマをかけては、パーマを抜く

という、頭髪には最悪の工程を繰り返して作られ、

「フケ」は、フケに見えそうなものを頭に塗り込んではテスト撮影を繰り返し、最終的には、パン粉に、包丁などを研ぐ砥石の粉を混ぜたものが使用されたのだそうです。

ちなみに、石坂さんは、

「ボサボサ頭」に関しては、

髪の毛が細くなり切れるのが難点

で、(そらそうでしょ)

「フケ」に関しては、
撮影中は、毎日、パン粉と砥石の粉を頭に塗り込んでいたことから、

頭を洗うことがほとんど出来なかった

と、苦労を明かされています。


苦労の甲斐あって、とてもきちゃないです。

Sponsored Link

真冬に城の堀を泳がされたことも

こうして、金田一耕助役では、風貌作りにも、体を張って取り組まれた石坂さんですが、ほかのドラマでは、駆け出しのお笑い芸人レベルに体を張ったこともあったそうです。

というのも、石坂さんが30歳になるかならないかくらいの頃には、あるドラマで、雪が降る寒い夜に、忍者装束でどこかの城の堀を泳がされ、体が浮いてくるのを防ぐため、衣装の中に石をいくつも入れて潜らされたというのです。

そして、懐中電灯の明かりを頼りに浮かび上がってくるように言われるも、水が濁っていて何も見えず、さらに、石垣を登るよう命じられた時には、衣装は濡れているわ、石は重いわで全然登ることができなかったそうで、この時は、本当に辛かったとおっしゃっていました(笑)

「石坂浩二の水戸黄門降板の真相は?やすらぎの郷では70代で主演!」に続く

Sponsored Link