山本耕史!彼女は?ギターは?布袋に似てる?ものまね?嵐が丘に出演!

Sponsored Link

1993年、16歳の時に、テレビドラマ「ひとつ屋根の下」で、車いすの少年「文也」を演じ、ブレイク。その後も舞台を中心に着実に演技のキャリアを積まれ、ドラマやバラエティで活躍中の俳優、山本耕史(やまもと こうじ)さん。




山本さんは、なんと、0歳の頃から、
赤ちゃんモデルとして活躍されていたというので、
年齢=芸歴となり、文字通り、俳優一筋ですね!

2007年、NHKの時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」では、
普段優しく温厚ながら、本当はすごく強い剣の達人、
坂崎磐音をうまく演じられ、新たな魅力を披露されています。

そんな演技派俳優、
山本さんの気になるうわさについて調べてみました!

彼女は?


アラフォーの山本さん。
気になるお相手なのですが・・・

現在はおられないようです。

2007年くらいから、結婚願望はあるそうですが
山本さんいわく、

(浮いた話が)まったくないです。
(結婚)したいけど相手がいない・・・

とのこと(^^;)

ちなみに山本さんが、
過去に交際をうわさされたのは、

松たか子さん、牧瀬里穂さん、上原多香子さん、などなど。



そうそうたる女優さん達でした。

山本さんの、おめがねに叶う女性は現れるのでしょうか?
良い人が見つかるといいですね♪

ギターは?


さて、山本さんはギターが特技ということですが、
これが、ものすごくお上手で、
そのクオリティの高さに驚かされました!

確かに、プロフィールを拝見すると、
「KOJI YAMAMOTO&K.D earth」として
インディーズからCDをリリース、
ボーカル・ギター・キーボードなどを担当されているというので、
ミュージシャンとしての才能もお持ちなんですね。




布袋に似てる?ものまね?


そして、山本さんは、
伝説のバンド「BOOWY」の、完全コピーができるということで、
そのギターの腕前を披露されました!

軽く「BOOWY」の紹介すると、

ボーカル、氷室京介さん、
ギターとコーラス、布袋寅泰さん
ベース、松井常松さん
ドラム、髙橋まことさん

からなる4人組のロックバンドで、
1980年代に活動し、人気絶頂だった1986年、1987年を経て、
1988年に解散しました。



その完全コピーを披露ということで、
ペレ草田さんとコンビを組んだ山本さん。

「マリオネット」という有名な曲を、
まず、山本さんがギターを弾きながらボーカルを担当され、
ペレ草田さんが、コーラスを担当されました。

歌もめちゃくちゃ上手でした!!

そして、2回めはパートを交代して、
山本さんが、ギターとコーラス、
ペレ草田さんがボーカルを担当されました。

「BOOWY」ではコーラスを布袋さんが担当されていたので、
布袋さんのモノマネをしながらの演奏で、
すごいそっくり!&上手!!
で、山本さんの多才ぶりがはっきりわかった形となりました。

山本さんは、その他にも、
歌手の桑田佳祐さん、前田亘輝さん、氷室京介さん、
玉置浩二さん、ドラゴンボールのフリーザ、
窓を閉めるときの隙間風の音、
無くなりかけのマキロンのスプレー音、などなど

いろんなモノマネができるということで、
ほんと多才ですね!


嵐が丘に出演!


山本さんは舞台、「嵐が丘」に出演され、
主人公の、孤児ヒースクリフを演じられました。



イギリスにあるヨークシャー州の荒野に立つ、
「嵐が丘」という荒れ果てた屋敷を中心に書かれた、
19世紀の文学小説です。

あらすじは、

「嵐が丘」の主人は、孤児のヒースクリフをかわいそうに思い、
引き取り、実の子供以上にかわいがって育てます。

ヒースクリフは、そこで暮らす主人の娘、キャサリンと仲良くなり、
二人はお互い恋心をいだくようになります。

しかし、主人の死で、その幸せな生活も終わりを迎えます。
ヒースクリフをよく思っていなかった主人の息子に、
下働きとしてこき使われる毎日が待っていたのでした。

しかし、キャサリンへの想いから
いやがらせに耐える日々を送っていたのですが、

なんと、キャサリンは身分の高い、別の男性と婚約してしまったのです!
上流階級に憧れを持つキャサリンは、
ヒースクリフを愛していながらも、裏切ってしまうのでした。

ヒースクリフはショックを受け、
ある日突然屋敷から姿を消します。

そして、数年後、紳士となったヒースクリフは、
莫大な財産を携え、屋敷に戻ります。
嵐が丘の住人に復讐するために・・・

これは壮大な、愛と憎悪と復讐の物語ということで、
山本さんはこの舞台にについて、

文学的になりがちだけれど、
演劇はエンターテインメントだから、
お客さんとの距離をとるような作品にはあまりしたくない。
重々しいテーマだけれど、どこかきらきらしている、
愛の形がどうであれ素敵(すてき)だなと思うような作品にしたい。

そして、ヒースクリフという、
難しい役を演じるにあたっては、

何かしら心にそういうものを持っている役の方が、
ヒリヒリした気持ちで演じられる。
表面や内面のギャップを広く持って、
本当はどう思っているのかを想像させるようなヒースクリフにできたら。

と意気込みを語っておられました。

確かに重すぎる話ですが、
山本さんがどのように「愛の形」を演じられるのか、
楽しみですね♪

お芝居、音楽、モノマネと、ほぼすべての
エンターテイメントの要素をお持ちと言っても過言ではない山本さん。

今後はどのような才能を見せてくれるのでしょうか?
楽しみにしています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ