織本順吉の若い頃は?妻は?娘は?本名は?90歳でやすらぎの郷に出演!

Sponsored Link

テレビドラマや映画で主に脇役として出演されている、織本順吉(おりもと じゅんきち)さんですが、実は、1950年に西村晃さんらと劇団「青俳」を結成されて以来、1980年に解散するまで、劇団の幹部俳優として活躍されており、舞台・テレビドラマ・映画を合わせると、その出演数は2000本超。ちなみに、90歳を回った現在もなお現役で活動されています。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

織本さんは、1927年2月9日生まれ、
神奈川県横浜市のご出身、

身長174センチ、
体重72キロ、

血液型はB型、

学歴は、
神奈川県立工業学校卒業、
(現・神奈川県立神奈川工業高等学校)

趣味は、絵画、

ちなみに、本名は、
中村正昭(なかむら まさあき)で、

芸名の「織本順吉」は、出身地の折本町から姓を「織本」に、
志賀直哉の小説「大津順吉」から、名を「順吉」にされたそうです。

若い頃は?

織本さんは、工業高校時代の1944年3月から7月までの4ヶ月間、
勤労動員として「東芝通信機」小向工場で働いていたのですが、

そんな中、「慰安芸能会」で出演した、生徒の演出による演劇、
「黄土の涯てに」が、見事1等賞、金20円を獲得。

その後、演劇活動からは遠ざかり、
高校卒業後は、工員として就職した「東芝」で、
ドロドロの油まみれになって働いていたのですが、

勤労動員時代の上司だった課長さんに事務職として引っ張られ、
当時、東芝で活発だった労働組合を手伝うようになると、

労働組合の文化部にも参加されるようになり、
職場演劇をしたり、演劇学校に通うなど、
再び、演劇活動を行うようになったそうです。

「新協劇団」入団~劇団「青俳」結成

しかし、やがて、「東芝」は、
勤労整備という名目で従業員を解雇するようになり、

給料をもらいながら組合活動をしていた織本さんも、
解雇されてしまうのですが、

織本さんは、「東芝」を退職後も、演劇が忘れられず、
1945年、人から誘われて「新協劇団」に入団すると、

同年には、「破戒」で、主人公の「丑松(うしまつ)」
に抜擢され、初舞台。

その後、1950年には、
劇団が分裂したことをきっかけに退団されると、

岡田英次さん、西村晃さん、木村功さん、
高原駿雄さんらと、劇団「青俳」を結成され、

第1回公演「フォスター大佐は告白する」
(ロジェ・ヴァイアン作)では、
マッカレン中尉役を演じられるなど、

1980年に解散するまで、
同劇団の幹部俳優として活動されたのでした。

「仁義なき戦い」でヤクザの親分ほか悪役で活躍

また、織本さんは、舞台で活躍する一方で、
テレビドラマや映画にも数多く出演されており、

1970年代には、

「仁義なき戦い 完結篇」
「新仁義なき戦い 組長の首」
「実録外伝 大阪電撃作戦」
「仁義なき戦い 完結篇」

など、東映のヤクザ映画で、
ヤクザの親分(と言っても弱い親分)、

「仁義なき戦い 完結篇」より。早川組長に扮する織本さん。

テレビの時代劇でも、悪代官役など、
悪役を中心に演じられています。

ちなみに、織本さんは、
悪役を演じるようになった経緯について、

僕は若くして頭がハゲてきました。
だからといって、髪を植えるわけにはいかない。

それなら、太ったら、
悪役ができるんじゃないかと思って、太りました。

ですから、若い時の作品を観ると、
自分だと気づかないくらい太っているんです。

それで、悪役に向くようになっていきました。
悪役というのは、条理に適わないことを、
無理に人に押しつける役だとおもいます。

ですから、押しつけがましい芝居をしていたと思います。

と、明かされているのですが、

時代劇の悪役は、いつも決まった芝居しかさせてもらえず、
いい加減、飽きてしまったそうで、

ある時、悪代官の芝居をせずに、ニコニコしていると、
撮影が終わった後、プロデューサーに呼び出されて怒られたそうで、

以来、

あいつはやらないからダメだ

との噂が流れて、悪代官の役は来なくなり、
結果、色々な役が回ってくるようになったとのことでした♪

妻は?娘は?

そんな織本さんの、気になるプライベートですが、
織本さんは、一般女性と結婚されているようで、
詳しいことはわかりませんでしたが、

結婚後は、女の子が誕生し、その娘さんは、
現在、放送作家として活動されている、
中村結美(なかむら ゆみ)さんなのだとか。

結美さんは、1980年代後半から、
ドキュメンタリーの仕事を手がけられ、

2000年代になると、NHKの番組で、
何度か織本さんと一緒にお仕事をされているようで、
親子の仲は良いご様子。

また、結美さんは、放送作家になった経緯について、

幼い頃、私は、「役者より作家の方がエライんだよ。」
と、父・織本順吉にこう言ってダマされた。

父としては、娘がうっかり、「役者になりたい」などと、
言いださないように、知恵をしぼった末の一言だったのかもしれないが、
その言葉に乗せられて、放送作家という仕事に就いた。

と、明かされていました♪

老いてなお花となる~織本順吉90歳の現役俳優

ところで、2017年9月には、
娘の結美さんが、織本さんの日常を撮影した、

「老いてなお 花となる~織本順吉 90歳の現役俳優~」
というドキュメンタリーがNHKBS1で放送されているのですが、

「老いてなお 花となる~織本順吉 90歳の現役俳優~」より。

実は、織本さんは、昔から、誰よりも早く台本を離すなど、
セリフを覚えることに苦労を見せたことがなかったそうですが、

結美さんは、そんな父、織本さんが、ある時から、
あれこれ台本にケチをつけるようになったり、
(セリフを覚えられないことの言い訳として)

迎えに来た奥さん(結美さんのお母さん)に、
「時間を間違ってる!」と責めるようになったため、
(織本さんが間違えた時間を伝えたにもかかわらず、
 自分の間違いを認めたくなかったため)

お母さんの嘆きを聞くうちに、娘として、同業者として、
どう父と向き合えばいいかと考えた末に、カメラで、
お父さんの姿を記録することを思いつかれたのでした。

ちなみに、このドキュメンタリーの中では、
90歳という年齢で車を運転し、近くのコンビニに行ったことを、
心配した家族から注意されて、

俺に死ねといっているのか!

と、関係ない言葉で反論したり、

歩くこともままならず、
セリフは一晩寝て忘れることもあったようで、

老いと闘いながらも、現場に向かう、
ありのままの織本さんの姿が映し出されており、

まさに、家族でしか撮れない、
ドキュメンタリーとなっているようです。

「やすらぎの郷」に出演

それでも織本さんは、2017年には、
テレビドラマ「やすらぎの郷」に出演されると、
壮絶な臨終シーンを演じて絶賛されています。

「やすらぎの郷」より。(左から)石坂浩二さん、
草刈民代さん、織本さん、名高達男さん。

実は、織本さんのご家族は、
織本さんがちゃんと演技出来るのか心配されているところを、

脚本家の倉本聰さんに、

老いを得て咲く花がある。そこにいるだけでいいのです。

と、言われたそうですが、

実際、織本さんは、まさに、
老いたものにしか表現することのできない、
渾身の演技を披露されたのでした。

さて、90歳を回り、現場に立つことさえ、
ままならないこともある織本さんですが、

やはり、リアルに老人の役ができる役者は、
そうはいません。

これからも、時々は、
テレビで姿を見せてほしいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ