沢本忠雄の現在は?日活で三悪トリオ!あかんたれで安ぼん!

sawamototadao

助監督を目指すも、俳優として日活にスカウトされ、1957年、映画「素足の娘」のエキストラで俳優としてのキャリアをスタートされた、沢本忠雄(さわもと ただお)さん。日活で数々の映画に出演された後はフリーとなられ、テレビドラマにも数多く出演。花・・・

「沢本忠雄の現在は?日活で三悪トリオ!あかんたれで安ぼん!」の続きを読む

井上堯之はスパイダースだった!ギターが凄い!太陽にほえろのテーマを作曲!

inouetakayuki

1961年、「ザ・スパイダース」にコーラスとして加入されるも、独学でギターをマスターしギタリストに転身された、井上堯之(いのうえ たかゆき)さん。「ザ・スパイダース」解散後は、「PYG」「井上堯之バンド」として活躍し、「太陽にほえろ!」をは・・・

「井上堯之はスパイダースだった!ギターが凄い!太陽にほえろのテーマを作曲!」の続きを読む

松岡充!SOPHIA活動休止とミカエル始動!映画TOKYO DECIBELSに主演!

matuokamituru2

2013年8月に「SOPHIA」が活動休止となり、その3ヶ月後に、新バンド「MICHAEL」を結成された、松岡充(まつおか みつる)さん。単独ライブ以外にも、様々なイベントへの出演や、後輩たちとの対バンなどで精力的に活動されている一方、20・・・

「松岡充!SOPHIA活動休止とミカエル始動!映画TOKYO DECIBELSに主演!」の続きを読む

松岡充はSOPHIAでブレイク!西川貴教のローディーだった!河村隆一とも?

matuokamituru1

1994年にバンド「SOPHIA」を結成すると、「街」「君と揺れていたい」「黒いブーツ」など次々とヒット曲を連発し、瞬く間に人気者となった、松岡充(まつおか みつる)さん。その人気は、1999年、「SOPHIAの最高傑作」と言われるアルバム・・・

「松岡充はSOPHIAでブレイク!西川貴教のローディーだった!河村隆一とも?」の続きを読む

松岡充は幼少期いじめられていた!豊田和貴とはルナティックモードからの仲!

matuokamituru

大阪でのインディーズ時代、ヴィジュアル系ロックバンド「Lunatic Mode」「Rose-Noir」などで活動し、人気を博した松岡充(まつおか みつる)さん。1994年に「SOPHIA」を結成すると、ほどなく東京進出を果たされています。

「松岡充は幼少期いじめられていた!豊田和貴とはルナティックモードからの仲!」の続きを読む

吉田豪は紙のプロレスのライターだった!インタビューの極意は聞き出す力!

yosidagou1

1993年、格闘技専門雑誌「紙のプロレス」編集部員となられると、フリーとしても活動され、「BUBKA」「ダカーポ」など約30本の連載を抱える人気ライターとなられた、吉田豪(よしだ ごう)さん。2004年からは完全にフリーとなられ、ライターだ・・・

「吉田豪は紙のプロレスのライターだった!インタビューの極意は聞き出す力!」の続きを読む

吉田豪はアニメファンだった?ヤンキーでパンクも!ツイッターでは吉田光雄!

yosidagou

子どもの頃からコアなアニメファンで、主題歌のレコードを聴き比べては独自の研究を重ねられていた、インタビュアーでコラムニストの吉田豪(よしだ ごう)さん。その後、中学時代はパンクに傾倒し、ハードコア雑誌「修羅」のスタッフとして活動されたり、専・・・

「吉田豪はアニメファンだった?ヤンキーでパンクも!ツイッターでは吉田光雄!」の続きを読む

YMO!アルバム増殖が大ヒット!スネークマンショー?CMで活動再開!

ymo1

1970年代後半から1980年代前半、シンセサイザーを駆使した音楽と独特のスタイルで社会現象を巻き起こした「YMO」。1980年には、アルバム「増殖」が大ヒットを記録するも、1981年にリリースした実験的なアルバム「BGM」と「テクノデリッ・・・

「YMO!アルバム増殖が大ヒット!スネークマンショー?CMで活動再開!」の続きを読む

YMO!坂本龍一以外のメンバーは?ライディーン!いきなり海外ツアーをしていた!

ymo

1978年、ファーストアルバム「イエロー・マジック・オーケストラ」でデビューし、シングル「テクノポリス」「ライディーン」など、数多くのヒット曲を連発した「YMO」こと「イエロー・マジック・オーケストラ」。テクノポップと呼ばれるその斬新な音楽・・・

「YMO!坂本龍一以外のメンバーは?ライディーン!いきなり海外ツアーをしていた!」の続きを読む

尾崎豊は26歳で死去!死因は?一度だけ夜のヒットスタジオに出演していた!

ozakiyutaka3

10代でカリスマ的な人気を誇るも、20代になると詩が書けなくなってしまい、スランプに陥ってしまった、尾崎豊(おざき ゆたか)さん。10代の頃は、権威に反抗する自分が主人公だったのに対し、20代になると、次第に「真実の愛」や「贖罪」など、崇高・・・

「尾崎豊は26歳で死去!死因は?一度だけ夜のヒットスタジオに出演していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ