森繁久彌の晩年は?死因は老衰だった!


90歳を回っても現役の俳優として活動を続けていた、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、2004年、91歳の時、健康上の理由で芸能活動を休止すると、その後は、復帰することなく、2009年、96歳で他界されます。

「森繁久彌には養女(黒人と日本人のハーフ)がいた!」からの続き

Sponsored Link

晩年は健康上の理由で2004年(91歳)に芸能活動を休止

森繁さんは、2000年、87歳の時、「胆管結石」のため緊急入院すると、2002年の大晦日には、静養先の沖縄で、「心筋梗塞」で倒れ、一時は危険な状態に陥いるも、その後、無事に回復し、仕事に復帰しているのですが、

2004年、テレビドラマ「向田邦子の恋文」への出演を最後に、俳優活動を休止しています。

以降、公の場に姿を見せるのは、芸能関係者の葬儀の時だけだったのですが、それも、盟友で演出家の久世光彦さんの2006年の通夜で最後となっています。

(久世さんの通夜へは、周囲が健康上の理由で反対するのを押し切っての参列だったそうですが、通夜では、22歳も年下の久世さんが急死したことに、「如何して僕より先に逝っちゃうんだよ・・・長生きするって辛いの・・・」と嘆き悲しんでいたそうです)

朗読DVD「霜夜狸(しもよだぬき)」発売の際には元気な近況が明かされていた

そんな森繁さんですが、2007年2月23日に、朗読DVD「霜夜狸(しもよだぬき)」をリリースすると、その際には、天気の良い日には車椅子で散歩し、松本幸四郎(現・松本白鸚)さんの舞台「勧進帳」など、好きな俳優の舞台を観に行くこともあるほか、食欲は旺盛で、時々、お気に入りの東京会館にフランス料理を食べに出掛け、フォアグラやステーキなどの肉料理を堪能するなど、元気な日々を送っている近況が明かされており、

森繁さん自身も、

体は思うように動かないが心は現役である

とのコメントを発表しています。


霜夜狸

死因は老衰

しかし、そんな森繁さんも、2009年7月に風邪をひき、医療機関で検査をしたところ、「肺炎の疑いがある」ということで、7月22日、都内の病院に入院すると、入院中は、看護師とも仲良くするなど、容態は落ち着いていたそうですが、その後、11月9日朝に容態が急変すると、危篤状態となり、翌10日の午前8時15分、老衰により、96歳で他界されています。

森繁さんの次男・建さんによると、幸い、親族は、森繁さんの最期を看取ることができ、森繁さんを送る際には、紋付袴に正装し、(すでに他界している)奥さんや、実父・母親の写真、孫たちが作った折り紙を一緒に入れたそうで、

建さんは、森繁さんについて、

俳優という意識は持たないようにしていた。いい親父でした。最後の言葉も『楽しかった』とごく普通の親子の会話でしたね

(お父さんとの思い出について、涙ぐみながら)昔の作品が再放送されるから『一緒に見よう』と言っても『もう終わったこと』というぐらい潔い人。また、どんな人にも『ありがとう』と頭を下げていたのは私自身、勉強になりました

亡くなる6日前にも(孫・ひ孫合わせて17人目の子が)入院していた病院で産まれたばかり。誰が誰だかわかっていないから皆に『チビ!』って声をかけて一緒に食事していましたね

管とかつけず、父が自力で生きたのが一番嬉しかった。そういう意味では(最期は)穏やかに眠ったと思う

と、語っています。

Sponsored Link

密葬だった

ちなみに、生前、森繁さんは、(葬儀などは)こじんまりやってほしいと言っていたそうで、(具体的な遺言はなかったそうですが)森繁さんの希望を尊重すると共に、家族の、最後は(芸能人ではなく)父として送ってあげたい、との思いから、通夜や葬式を行わない、家族葬に近い密葬という形で見送ったそうです。

(2009年11月20日には、青山葬儀所で、葬儀・告別式とファンによるお別れ会が行われたそうで、告別式には、黒柳徹子さん、西郷輝彦さん、中村メイコさん、司葉子さん、伊東四朗さん、加山雄三さん、里見浩太朗さん、竹脇無我さん、和田アキ子さん、西田敏行さんほか、小泉純一郎氏をはじめとする政財界関係者も数多く参列したそうです)

さて、いかがでしたでしょうか。

森繁久彌さんの、

について、まとめてみました。

大指揮者だったフルトベングラーの言葉の中にね、「あなたが感動したのはあなた自身にあるのではない。今日観ていたお客様とあなたの間に生まれたのです」というのがあります。素晴らしい人の言葉には素晴らしいものがありますね。

舞台っていうのは、幕が降りた瞬間に消えてしまうでしょ。それは一番哀しいことだけれど、そのはかなさが素晴らしいんです。そこで、お客様の頭の中に少しでも「感動」という余韻が残ればこんなに嬉しいことはありません。

と、語り、特に舞台に情熱を持っていた森繁さん。

孫ひ孫合わせて17人という大家族に加え、多くの芸能人からも本当のお父さんのように慕われた森繁さんは、まさに、ホームドラマで演じるお父さん役そのままの人柄だったようです。

森繁さんのご冥福をお祈り致します。

「森繁久彌の生い立ちは?幼少期に父親が他界していた!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ